けいすけ
こんばんわ。工場で夜勤シフトを20年経験した管理人「けいすけ」です。

 
知人が転職して介護施設で働くようになりました。介護施設は24時間稼働しているため月に6~8回夜勤があるそうです。そして勤務時間は長くてなんと16時間。
 
ところが・・・こんなに長時間勤務なのに仮眠が無いそうなんです。むむむ…
 
長時間の夜勤なのに仮眠なしって違法じゃないの?
 
夜勤仮眠ナシのタイトルイラスト
からだがもたんわ・・・
 
「夜勤中の仮眠」は法律でどのように規定されているのでしょうか?
 
同じく夜勤をしてきた人間として非常に気になったので調べてみました。同じような疑問をお持ちのかたはご覧になってスッキリしてくださいね。
 
けいすけ
私が勤めた工場での夜勤時間は最長でも12時間でした。なので仮眠がなくても「こんなものかな?」と気にしなかったのです。

 
 
スポンサーリンク

 
 

夜勤の仮眠なしは違法じゃ無いの?

夜勤の「仮眠時間」や「休憩時間」って、法律ではどのように規定されているのでしょうか?知人の夜勤の例をみながら解説しますね。
 

職  種・・・介護士
勤務時間・・・17時~翌9時(16時間勤務)
仮眠時間・・・なし
休憩時間・・・1時間
 
※夜勤は1名で行うため、休憩中も何かあると対応しなければならず気が休まらない。また忙しい日にはほとんど休憩できない日もある。

 
大変な激務ですね。それではひとつめの疑問です…「夜勤なのに仮眠時間なし」は違法では無いのでしょうか?

矢印のイラスト

使用者には、夜勤中に仮眠の時間を設ける法律的な義務はありません。
 

けいすけ
ん?・・・正直びっくりです。これだけ長い時間の勤務なのに、使用者に夜勤の仮眠時間を確保する法律的な義務は一切ないのです。

 
 
 
うーん、でも・・・ふたつ目の疑問です、知人の例のように「休憩時間が1時間しかない」ことは法律で問題は無いのでしょうか?

矢印のイラスト

労働基準法で、休憩は以下の原則に従って与えるよう決められています。
 

-労働基準法第34条 第1項-
使用者は、労働時間が6時間を超える場合には45分以上、8時間を超える場合には60分以上の休憩時間を労働者に与えなければなりません。

 

けいすけ
ぐぬぬ・・・16時間も拘束されて1時間の休憩だけなのに法律的には問題無いのですね。ショックだ。

 
 
 

 しかし!

 
 
休憩時間の長さは問題無いのですが、知人の夜勤の休憩にはひとつ問題があります。それは「休憩がキチンと取れないこと」です。労働基準法には次のような一文があります。
 

-労働基準法第34条 第3項-
使用者は、休憩時間を自由に利用させなければいけない。

 
これは・・・休憩時間は、労働から完全に解放されていなければいけないと言う意味なんです。なので知人のように「休憩時間がたびたび中断する」のは休憩とはみなされないのです。
 

けいすけ
でも・・・現状は多くの方がこの辺りをうやむやにされて働いているのが実情のようです。うーん…何だか悔しいですね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

仮眠なしの職場はどうすれば良いの?

仮眠時間が無くても違法では無いことがわかりました。それでは仮眠なしの職場の人はどうすればよいのでしょうか?

短い仮眠でも効果あり

介護士や看護師の仮眠時間は120分程度が一般的ですよね。この120分という時間がちょうどよいタイミングで目覚めることができる長さなんだそうです。
 
仮眠時間が無い職場からするとうらやましい限りですよね。でもご安心を。
 
120分の仮眠時間がなくても…休憩時間を利用して短い仮眠をとればいいんです!
 

実は・・・さまざまな研究で15分~30分程度の短い仮眠でも「注意力」や「認知能力」が向上すると実証されているんですよ。

 

けいすけ
私の夜勤経験でも休憩時間に15分程度でも眠っておけば、家に帰ってから眠りやすいと実感しています。積極的に仮眠をとりましょう。

 
⇒夜勤での仮眠の取り方はこちらを…
 

休憩が取れない場合は?

それでは休憩時間がままならない職場の人たちはどうすれば良いのでしょうか?
 
労働基準法によって、休憩時間中に発生した仕事に対して、雇用主は、労働者へ別途休憩を与えるか、または賃金を支払う必要があります。
 
もし現在、休憩や賃金の支払いがうやむやになっているのなら…休憩中の労働状況を記録して、休憩が取れていない実態を会社に伝えるべきだと思います。
 

けいすけ
私なら仲間を募って会社と交渉するかな。でないと定年までずっと“うやむや”になりますよ。

 

転職も視野に入れるべき

会社が交渉に応じないなら転職も視野に入れるべきだと私は考えます。
 
16時間夜勤、ひとり勤務、仮眠無し、休憩もままならない…このような職場で定年まで働けるでしょうか?
 
 

けいすけ
このような勤務を強いる会社が、社員に対し「末永く健康に定年まで働いてもらいたい」と考えてるとは思えないんです。

 
また・・・
 
けいすけ
利用者の立場から見ても、介護職員がヘトヘトになって働いている施設では、まともなサービスは受けられないと思うのではないでしょうか?

 
 
介護の職場は危機的な人材不足だといいます。定年まで安心して働くことができる職場もたくさんあるのではないでしょうか?
 
もし今の職場に不安を感じるなら面倒がらずに行動するべきだと私は思います。
 
非公開求人に強い介護職求人サイト

 
 

あとがき・・・

夜勤なのに仮眠なしについてお伝えいたしました。
 
それでは最後にもう一度、この記事の要点を繰り返しお伝えしますね。

 
使用者には、夜勤中に仮眠の時間を設ける義務はありません。
なので職場に仮眠が無くても訴えたりできないのです
 
使用者は、労働が6時間を超えるなら45分以上、8時間を超えるなら60分以上の休憩を与える義務があります。
休憩は完全に自由でなければいけません。
 

 

けいすけ
仮眠時間が無いのは仕方無いにしても、休憩時間が完全に自由にならないのは違法です。しっかり会社と交渉してスッキリとしましょうね。

 
それでは・・・
 
けいすけのイラスト
記事:けいすけ