けいすけ
こんばんわ。工場で夜勤シフトを20年経験した管理人の「けいすけ」です。

 
夜勤は昼夜が逆転した不規則な生活をしいられます。そのため体調管理がとっても大変なんですよね。
 
さらに…これが夜勤シフト(昼勤と夜勤のチェンジがある勤務)になると、常に時差ボケのようになって疲れが倍増するんです。
 
そんなツライ夜勤ですが、こんなことを言われているのをご存じですか?それは…
 
夜勤をすると寿命が縮む!
 
夜勤と寿命タイトルイラスト
え?まさか?
 
私は工場で20年間夜勤をしてきましたが、たびたび夜勤で働くリスク(寿命が縮む)を耳にしてきました。
 
でも・・・夜勤をすると本当に寿命が縮むのでしょうか?色んな研究報告をもとに詳しく解説しますね。是非ご覧ください。
 
よめ
夜勤で寿命が縮むって、本当のところはどうなんでしょうね?すっごい気になるわ。

 
 
スポンサーリンク

 

夜勤で寿命が縮むって本当?

「夜勤をすると寿命が縮む」そんな説がよく言われますが、この説の根拠として挙げられるのがヴィスナール教授の研究です。
 

 
フランス政府の委託でヴィスナール教授は交代勤務をする2万人の労働者を調査し…
ヴィスナール教授
夜勤は寿命を10年以上縮める!

と報告したのです。教授の研究によれば、夜勤を続けると睡眠障害、イライラ、うつ症状、胃病などが発症して、それらが体を蝕んでいくため寿命を縮めるのだそうです。
 

 
 
 

よめ
それじゃ、日本の夜勤作業者も寿命が10年短くなるのかな?

 
ヴィスナール教授の研究は、40年以上前のデータであり、しかもフランスでのお話です。当時の研究データを現在の日本に当てはめるのは無理があると思います。
 
 
 

そしてこんな説もあります…

 

人によって「夜勤で寿命が縮むのはである」なんて考え方もあるようです。
 
労働や生活の環境、また医療に関しても当時のフランスと比べると著しく良くなっていますもんね。エアコンひとつ考えても夏場の睡眠にはおおいに役に立ちます。
 
また日本の平均寿命が伸び続けていることもヴィスナール教授の説を否定する根拠となっているようです。

 
 
 

 うーん・・・でも…

 
夜勤作業者が不規則な生活を強いられているのは、昔のフランスも、今の日本も、ほとんど変わらないと思うんです。
 
また平均寿命はあくまで平均で、昼勤作業者に比べて、夜勤作業者の寿命が縮んでいるかどうかには関係ありませんよね。
 
 
それでは・・・わたしの結論です。

 
10年という期間はどうかと思いますが、現在の日本においても夜勤によって作業者の寿命が短くなっていると考えるのが妥当だと私は思います。
 

 

けいすけ
 夜勤シフトを経験された方なら、寿命を削っているようなあの感じ…お分かりいただけますよね?

 
 

2017年11月17日追記
 
新聞にこんな記事が載っていましたのでご紹介します。

京都府立医大の研究チームが、マウス実験で「長期間に渡って、頻繁に昼夜がシフトする生活で体内時計が乱されると死亡率が高まる」ことを突きとめ国際科学誌に発表した。

引用元: 2017年10月17日の朝日新聞デジタルより

 

 きついシフトのマウスほど死亡率が高かったそうです。
 
 

夜勤と病気に関する研究報告

夜勤が寿命を縮めることを裏付けるような「夜勤と病気に関する研究報告」がありますのでご紹介しますね。
 
お届けするテーマは次の3つです。
 

  • 夜勤と糖尿病
  • 夜勤とガン
  • 夜勤と胃腸病

 

夜勤と糖尿病

ハーバード大学の研究報告
フランク・ヒュー博士がアメリカの女性看護師17.7万を調査した結果、夜勤作業者は20年後の糖尿病リスクが上昇することがわかった。 そのリスクは夜勤をした年数が長ければ長いほど高くなる。

 
リスクが上昇する理由は、夜勤作業者が代謝の落ちる深夜に食事をしたり、睡眠不足により食欲抑制ホルモンの分泌がされず食べ過ぎて肥満傾向にあるためだと結論付けています。
⇒夜勤で食べ過ぎてしまう理由はこちら
 
 
夜勤年数と糖尿病発症リスクの関係は次の通りです。

  • 夜勤年数    1~2年・・・  5%上昇
  • 夜勤年数 10~19年・・・40%上昇
  • 夜勤年数 20年 以上・・・60%上昇

けいすけ
私は夜勤を20年経験したので、リスクが60%上昇する訳ですね。

 
 

夜勤とガン

シカゴ大学の研究報告
睡眠不足はガン細胞を増殖させる。また睡眠不足の状態では、本来はガン細胞を攻撃するはずの免疫細胞が、ガン細胞の増殖を手助けする可能性もある。

 
ハーバード大学の研究報告
同大付属病院の看護婦を調査したところ、昼夜交替勤務者では1.8倍、夜勤専従勤務者では2.9倍、乳ガンを発症しやすいとの結果が出た。

 
日本国内の研究報告
交代勤務をする男性は前立腺ガンを発症するリスクが昼に働く人にたいして3倍高い。

 
 
夜勤でガンのリスクが上昇する理由は睡眠不足のほか、夜間に照明の下で働くことが関係していると言われています。

人間は夜になるとメラトニンという物質を分泌します。このメラトニンはガン細胞と戦ってくれるとっても頼りになる存在なんです。
オラオラ

 

ところが・・・

 
夜に明るい光のもとにいるとメラトニンが分泌されづらくなるんです。その結果、ガン細胞と戦ってくれるはずのメラトニンが減ってしまいガンが発症しやすくなるんです。
ギャー
 

胃腸病のリスクが高まる

名古屋大学の研究報告
1万人を調査したところ、昼に働く人に比べて、夜勤をする人は、胃腸病を発症するリスクが2倍高いとわかった。

 
胃腸病のリスクが高くなる原因は、睡眠不足からくるストレスのため胃腸が変調を起こすため…だそうです。
 
 
スポンサーリンク

 

国はどんな対策をしているの?

よめ
「寿命」に「病気」どちらも夜勤作業者にとって深刻な問題ですよね。国は何かしらの対策をとっているのかしら?

 

まずは外国…
フランス政府はヴィスナール教授の報告を受け、10年以上交代勤務をすることを禁止したり、夜勤労働者の労働環境を改善したり、国レベルでこの問題に取り組んでいます。

 
 

一方、日本では・・・
医労連(日本医療労働組合連合会)が夜勤規制(1日8時間以内、勤務間隔12時間以上、週32時間以内)を求めて活動したりしています。

 
是非、日本政府も夜勤の過酷さと正面から向き合って、夜勤作業者の健康と生活を守るため法整備などを進めてほしいと思います。
 
 

個人としてはどう対応すればよい?

よめ
それでは夜勤で働く人たちは個人としてどのように対応すれば良いのでしょうか?

 
けいすけ
「健康第一なので夜勤を辞める」って考えも、もちろんOKだと思います。

特にきついシフトで夜勤をしている人は、40歳を越えたあたりから一気に辛くなってきます(私がそうでした)ので、若いうちに判断するのが良いでしょうね。
 
ちなみに・・・私が考えるきついシフトとは次のようなものです。

工場での二交代シフト(24時間稼働)、介護での長時間の夜勤で仮眠ナシ、介護でのひとり夜勤など…

 
 
 
 

 ただし・・・

 

夜勤シフトって、家族の協力があって、自分なりの睡眠スタイルや食事ルールを確立すれば、そこまで大変ではない場合も多いです。

工場の三交代シフトなら今でもやりたいです…
 
 

けいすけ
夜勤で眠り方や食事のとり方で悩んでいるなら、私の書いた記事を参考にしてみてね。自分なりの夜勤スタイルを確立する参考になると思います。

 
睡眠で困っている人

食事で困っている人

夜勤前の過ごし方で困っている人

夜勤明けの過ごし方で困っている人

 
 
スポンサーリンク

 

あとがき・・・

夜勤と寿命について解説いたしました。
 
それでは最後に私の考えをまとめておきますね。

 
ヴィスナール教授ほか、いろんな大学などの研究報告から鑑みて、不規則な生活をする夜勤で寿命が縮まるのは本当だと思います。
 
でも・・・家族の協力を得て、自分なりの夜勤スタイルを確立すれば、夜勤をそこまで恐れる必要はないかな?
 
そして、きついシフトに従事されている人は、加齢とともに夜勤が辛くなると思いますので、若いうちに将来について考えてみてね。
 

 

けいすけ
夜勤で働くみなさん、どうか無理だけはなさらないよう、ご自愛くださいね。

 
けいすけのイラスト
記事:けいすけ