けいすけ
みなさん、こんばんわ。工場で夜勤シフトを20年経験した管理人の「けいすけ」です。

 
昼と夜が逆転した不規則な生活を強いられる夜勤って体調管理が大変ですよね。さらに、これに夜勤シフト(昼勤と夜勤のチェンジがある勤務)が加わると疲労が倍増するんです。
 
そんな辛い夜勤に、こんなウワサがあるのをご存じですか?それは…
 
夜勤をすると寿命が縮む!
 
夜勤と寿命タイトルイラスト
えっ?まさか!
 
私は工場で20年間夜勤をしてきましたが、たびたび夜勤で働くリスク(寿命が縮む)を耳にしてきました。
 
でも・・・夜勤をすると寿命が縮む…って本当なのでしょうか?いろんな研究報告をもとに経験者の管理人が詳しく解説しますね。ぜひご覧ください。
 
ロミ
夜勤で寿命が縮むって、本当のところはどうなんでしょうね?すっごい気になるわ。

 
 
※夜勤を続けようか?辞めようか?悩んでいるなら、この記事も読んでみて…

 
 
スポンサーリンク

 
 

夜勤で寿命が縮むって本当?

夜勤をすると寿命が縮む・・・この説の根拠として挙げられるのが1976年に発表されたヴィスナール教授の研究です。
 

 
フランス政府の委託でヴィスナール教授は交代勤務をする2万人の労働者を調査し…
ヴィスナール教授
夜勤は寿命を10年以上縮める!

と報告したのです。教授の研究によれば、夜勤を続けると睡眠障害、イライラ、うつ症状、胃病などが発症して、それらが体を蝕(むしば)んでいくため寿命を縮めるとのこと。

 

 
 
 

ロミ
それじゃ、日本の夜勤作業者も寿命が10年短くなるのかな?

 
けいすけ
ヴィスナール教授の研究は、40年以上も前のデータであり、しかもフランスでのお話です。当時の研究データをそのまま現在の日本に当てはめるのは無理があると思います。

 
 
 

そして・・・

 
人によっては夜勤で寿命が縮むのはであると考える人もいるようです。そんな意見を記述するブログを何度か見かけました。
 

確かに・・・
労働や生活の環境、また医療に関しても当時のフランスと比べると著しく良くなっていますもんね。エアコンひとつ考えても夏場の睡眠にはおおいに役に立ちます。
 
また日本の平均寿命が伸び続けていることもヴィスナール教授の説を否定する根拠となっているようです。

 
 
 

うーん、でもなぁ…

 
夜勤作業者が不規則な生活を強いられているのは、昔のフランスも、今の日本も、ほとんど変わらないと思うんです。
 
また平均寿命はあくまで平均で、昼勤作業者に比べて、夜勤作業者の寿命が縮んでいるかどうかには関係ありませんよね。
 
 
それでは・・・わたしの結論です。

 
10年という期間はどうかと思いますが、現在の日本においても夜勤によって作業者の寿命が短くなっていると考えるのが妥当だと私は思います。
 

 

けいすけ
 夜勤シフトを経験された方なら、寿命を削っているようなあの感じ…お分かりいただけますよね?

 
 

2017年11月17日追記
 
新聞にこんな記事が載っていましたのでご紹介します。

京都府立医大の研究チームが、マウス実験で「長期間に渡って、頻繁に昼夜がシフトする生活で体内時計が乱されると死亡率が高まる」ことを突きとめ国際科学誌に発表した。

引用元: 2017年10月17日の朝日新聞デジタルより

 
ちなみに・・・きついシフトのマウスほど死亡率が高かったそうです。

 
 

夜勤と病気に関する研究報告

夜勤が寿命を縮めることを裏付けるような「夜勤と病気に関する研究報告」がありますのでご紹介しますね。
 
お届けするテーマは次の3つです。
 

  • 夜勤と糖尿病
  • 夜勤とガン
  • 夜勤と胃腸病

 

夜勤と糖尿病

ハーバード大学の研究報告
フランク・ヒュー博士がアメリカの女性看護師17.7万を調査した結果、夜勤作業者は20年後の糖尿病リスクが上昇することがわかった。 そのリスクは夜勤をした年数が長ければ長いほど高くなる。

 
リスクが上昇する理由は、夜勤作業者が代謝の落ちる深夜に食事をしたり、睡眠不足により食欲抑制ホルモンの分泌がされず食べ過ぎて肥満傾向にあるためだと結論付けています。
夜勤で食べ過ぎてしまう理由
 
 
夜勤年数と糖尿病発症リスクの関係は次の通りです。

  • 夜勤年数    1~2年・・・  5%上昇
  • 夜勤年数 10~19年・・・40%上昇
  • 夜勤年数 20年 以上・・・60%上昇

けいすけ
私は夜勤を20年経験したので、リスクが60%上昇する訳ですね。

 
 

夜勤とガン

シカゴ大学の研究報告
睡眠不足はガン細胞を増殖させる。また睡眠不足の状態では、本来はガン細胞を攻撃するはずの免疫細胞が、ガン細胞の増殖を手助けする可能性もある。

 
ハーバード大学の研究報告
同大付属病院の看護婦を調査したところ、昼夜交替勤務者では1.8倍、夜勤専従勤務者では2.9倍、乳ガンを発症しやすいとの結果が出た。

 
日本国内の研究報告
交代勤務をする男性は、昼に働く人に比べて、前立腺ガンを発症するリスクが3倍高い!

 
 
夜勤でガンのリスクが上昇する理由は睡眠不足のほか、夜間に照明の下で働くことが関係していると言われています。

人間は夜になるとメラトニンという物質を分泌します。このメラトニンはガン細胞と戦ってくれるとっても頼りになる存在なんですオラオラ

 

ところが・・・

 
夜に明るい光のもとにいるとメラトニンが分泌されづらくなるんです。その結果、ガン細胞と戦ってくれるはずのメラトニンが減ってしまいガンが発症しやすくなるんですギャー
 

胃腸病のリスクが高まる

名古屋大学の研究報告
1万人を調査したところ、昼に働く人に比べて、夜勤をする人は、胃腸病を発症するリスクが2倍高いとわかった。

 
胃腸病のリスクが高くなる原因は、睡眠不足からくるストレスのため胃腸が変調を起こすため…だそうです。
 
 
スポンサーリンク

 

国はどんな対策をしているの?

ロミ
「病気」と「寿命」どちらも夜勤をする人にとっては深刻な問題ですよね。国は何かしらの対策をとっているのかしら?

 
けいすけ
それでは・・・外国と日本でどのような対策が取られているのか?それぞれを見てみましょうね。

 

まずは外国…
フランス政府はヴィスナール教授の報告を受け、10年以上交代勤務をすることを禁止したり、夜勤労働者の労働環境を改善したり、国レベルでこの問題に取り組んでいます。

 
 

一方、日本では・・・

 
労働基準法で、夜間の割増賃金や18歳未満や妊産婦の労働規制をしています。また育児・介護休業法で、小さな子供や介護が必要な家族がいる場合の夜勤は断れることになっています。
 
その他にも・・・医労連(日本医療労働組合連合会)が夜勤規制(1日8時間以内、勤務間隔12時間以上、週32時間以内)を求めて活動したりしています。
 
うーん・・・日本の対策はまったくもって不十分です。日本政府も是非、夜勤の辛さに正面から向き合って、法整備などを進めてほしい。
 
私たちもそんな政治家を選らばにゃいかんです。
 
 
 

個人としてはどう対応すればよい?

ロミ
国が頼りにならないなら、夜勤で働く人たちは(個人として)どのように対応すれば良いのでしょうか?

けいすけ
不規則な生活を強いられるなかでも、自分なりの夜勤スタイル(睡眠や食事の方法)を確立して、可能なかぎり「健康」に配慮した生活を送ることが大事だと思います。

 
もし、自分なりの夜勤スタイルが確立できていないなら、私の書いた記事を参考にしてみてね。
夜勤の睡眠方法
夜勤の食事方法
 
 

ただし!
(ここからが私の本音)

 
健康リスクが不安な人は…夜勤なんてさっさと辞めるのが賢明だと思います!だって、不安な気持ちは病気を招き寄せるだけ、病は気(不安な気持ち)からです。
 

けいすけ
所詮は、夜勤最大のメリットである割増賃金も、寿命を削ってお金に変えてるだけ。割に合わないと思うなら辞めときましょ。

 

さらに付け加えると・・・

 
夜勤シフトって年齢が増すとともにメチャクチャ辛くなっていきます。定年まで夜勤を頑張るつもりだった私でしたが、40歳を越えた途端に、二交代勤務(24時間稼働)に耐えられなくなって辞めてしまったので⇒私が夜勤を辞めた理由
 

ロミ
でも…夜勤を辞めると言われても、いったい何をどうすれば良いのかしら?

まずは・・・昼勤務だけの部署に異動できるのか模索してみる。それと並行しながら転職活動を始めるのがいいですよ。
 
転職というと身構えてしまう人もいると思いますが、ファーストステップは転職サイトに登録して情報収集をするだけでOKです。そして気になる求人情報をどんどんストックしていきます。
 
すると・・・『転職という選択肢』が増えるので精神的にすっごい楽になるんです。自分はいつだって会社を辞めて夜勤から解放されるんだ…って気持ちになります。
 
けいすけ
いますぐ転職する気が無くても、夜勤からの逃げ道として転職サイトに登録しておきましょうね。なんていっても無料なのでリスクはゼロです。使わない手は無いですよ。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちら>>
 
法律が改正(改悪?)されて定年が70歳まで延びることになりました。うーん…70歳で夜勤する自分を想像できますか?転職は25余裕、30そこそこ、35ギリ、40困難、って感じです。若い内に決断しましょうね。
 
 

解説は以上です!

 
 

夜勤が辛いなぁ…と感じる人は必ず「逃げ道」を用意しておきましょう!   夜勤を辞めたい人は参考にしてみてね…

 
 

あとがき・・・

夜勤と寿命について解説しました。
 
いま一度、私の考えをまとめておきますね。

 
ヴィスナール教授ほか、いろんな大学などの研究報告から鑑みて、不規則な生活をする夜勤で寿命が縮まるのは本当だと思います。
 

 

けいすけ
最後に私からのメッセージです。

転職する意思を固めた人には『転職エージェント』を活用した転職活動がおすすめ。
 
転職サイトと同様に、こちらも無料のサービスなのですが、専属の担当者が一人付いてあなたの転職をサポートしてくれるんです。プロの転職ノウハウが使えるので圧倒的に有利なのです。
 
ただし転職エージェントとの面談があったりするので、本気にならないと少し面倒くさいのはあります。
 
本気で転職に取り組むなら転職エージェントも検討してみてね。詳しくはこちらの記事を。
夜勤をする人の転職活動のやり方
 
 
それでは・・・みなさん、どうかお体をご自愛くださいね。
 
けいすけのイラスト
記事:けいすけ

※無料でプロのサポートを受けながら転職活動ができます!
おすすめの転職エージェント
転職支援実績NO.1、求人数NO.1(しかも6割が未公開求人)リクルートエージェントの公式サイト
求人件数は全国で10万件以上!dodaの公式サイト
20代、30代の転職サポートに強い!マイナビエージェントの公式サイト
※すべて無料!